出会いのチャンスが見つかる出会い系サイト

banner

出会い系サイトで知り合った人と会いたい場合

出会い系サイトで知り合った人と実際にデートするのはかなり難しい会話技術が必要となってきます。

最初にそれを肝にめいじてください。

だけど、「会いたい」から登録しているのであって、

相手もそう思うので登録したんです。

なのにどうして出会えないかというと、警戒心が邪魔をしているのです。

実際に会ってみたいとの願いを警戒心が覆うくらいな状態では、いくら会いたくても実際には会えないでしょう。

それでは警戒心を解いてもらうには、どうしたらいいんでしょう?

警戒心を解いてもらうには、自分の情報を相手に伝え、自分という人間を自然に分かってもらうことです。

自然に伝えるのがとても難しいですが、だけど相手に自分の人間性を想像させるのはとても大事です。

嫌がられない程度に、時には自分のことを語って、

相手にさまざまな自分の情報を与えていきましょう。

その会話のなかで、相手の女性たちも自分のことを語り始めます。

そのやりとりのなかで、大体、会う約束ができるかどうかわかってきます。

プライバシー情報、自分の住んでいる近所の話などになったら、

これはまず出会えるかな、と考えていいでしょう。会いたくない人に、自分の住む所の話をしないですからね。

そのように、やりとりするプライベート情報を少しずつ深めていき、タイミングをみて誘ってみれば、すんなり出会うことが出来ると思います。

サクラかどうかを見抜く!

出会い系サイトを利用していると、まるでゴキブリのように次から次へとわいてくるのがネカマとサクラです。

いっそゴキブリのように駆除してしまえればいいのですが、なかなかそういうわけにもいかないのが現実です。

しかし、被害に遭う前にサクラかどうかを見抜くことはできます。ここでは、そのための方法をいくつか紹介したいと思います。

基本的に、サクラやネカマの目的は当然ながら『相手を騙して利益を得ること』です。

サクラの場合は、男性をひっかけてポイント(お金)を使わせること。

ネカマの場合は、男性をひっかけて相手の反応を見て楽しむこと。

なので、どちらも騙すためには普通ではあり得ないような大胆なエサをぶらさげてきます。たとえば、いきなりきわどい写真付きのメールを送ってきたり、性的な誘いをかけてきたりした場合はまず間違いなくサクラかネカマです。

もしもついふらふらと誘いに乗って返信してしまっても、サクラでしたら以後は無視していれば大丈夫です。安心してください。

もしもネカマだったら、あまりに浮かれたメールを送っていた場合は陰で大爆笑されているかもしれません。今後は気を付けましょう。

また、ほかによくある手口としては、いくらメールをやりとりしても、思わせぶりな態度ばかりでちっとも行動(この場合は、実際に会うということですね)が伴わないというケースです。

会うと嘘がばれてしまうのですから、会いたがらないのは当然です。

ただし、本当に慎重なタイプで、単に警戒しているだけという場合もあります。こうしたタイプとサクラを見分けるには、こちらからつついてみるのが有効です。

それは、今までのメールの流れを無視してまったく何の関係のない話題を振ってみるのです。

ここで、何事もなかったかのように自分の話だけを続けるような返信を相手がしてきたら、それは間違いなくサクラです。

なぜなら、サクラというのはバイトで雇われた存在であり、たいていマニュアルに従って一斉送信でメールを捌いているだけなので、そういったイレギュラーな事態には対応しきれないからです。

相手の目的が何で、どういった動きをするのかを予測するのが、サクラやネカマに騙されない第一歩といえるでしょう。

Copyright(c) 2014 出会いのチャンスが見つかる出会い系サイト All Rights Reserved.